防錆試験

OZAK防錆タイプリニアベアリングMLシリーズには、外筒表面に最も耐食性に優れ最も均一性のある表面処理を施し、ステンレスシリーズ
として採用している従来のステンレス鋼SUS440CあるいはQD51鋼種よりはるかに耐食性があることが、下記の塩水噴霧試験結果より
証明することが出来ます。
近年増々、耐食性を要求される環境下において、MLシリーズは最も適しております。

*Mシリーズ :外筒にはOZAKのMシリーズの防錆処理を施し、ボールはSUS440Cを使用した、最も防錆効果の高いシリーズです。

*M2シリーズ:外筒にはOZAKのMシリーズの防錆処理を施し、ボールはSUJ2を使用した、より経済的な防錆シリーズです。
一般的環境下においてボールは油またはグリース潤滑されており、また、運転中のボールは転がり運動をしているので、ボールに
錆が発生する確率は極めて低いと言えます。

OZAK Mシリーズは塩水噴霧試験法により、ステンレス鋼(SUS440C、QD51)よりはるかに耐食性があり防錆効果が高い事は
既に証明されておりますが、耐酸性についてのお問い合わせが多く、その試験を行いました。試験結果を下記の通り報告いたします。
1.塩酸系に対する耐酸性
塩酸系に対する耐酸性については、塩水噴霧試験結果に準ずる。よって、OZAK Mシリーズはステンレス鋼に比べはるかに耐蝕性があり、
そのデータ比較は塩水噴霧試験データによるレイティングナンバ比に準ずる。
2.硝酸系に対する耐酸性
試験方法:JIS H8616 4,5,3 硝酸バッ気法による。
試験条件:20㎝ガラスデシケーター底部に試薬1級硝酸150ccを入れ、ふたをして30分間放置し硝酸ガスをデシケーター中に充満させる。
その中に脱脂(エタノール洗浄)した試料を中板上にいれ、ふたをして放置した状態で表面の変化を観察する。
温度27+1℃

■寿命試験はこちら