寿命試験

左図はクランク駆動方式試験機です。
クランク駆動方式を用いた【リニアモーションボールベアリング試験機】にベアリングを取り付け、120㎏の軸受荷重をかけ、マシン油滴下給油条件で16個のベアリングを1群として破損させた状況を表に示します。


表は80個のベアリングを、16個づつの5群にわけて5回のライフテストを行った結果を示しています。
各回とも一番最初に破損するものと最後に破損するものとでは、走行距離に差異のあることが分かります。
そこで、5回のテスト結果の平均値をとって、ワイブル確率紙上にプロットすると右図が得られます。
これによりリニアモーションベアリングには、最小寿命値が存在すること、そしてを考慮に入れるとその寿命分布は、ほぼワイブル勾配
e=10/9の直線上にのることが分かります。
このような結果からオザックリニアモーションボールベアリングの破損確率F=50%すなわち平均走行寿命距離は約430㎞が得られかなり
高いことが判ります。
またオザックリニアモーションベアリングの信頼度を求めますと約0.4が得られます。
したがって、走行寿命距離の0.4倍までは100%の信頼度でご使用いただけることになります。
また、オザックではこの種のベアリングの走行寿命をさらに増大する研究を進め、多くの実験結果から確立した方法を現在特許申請中であります。

■防錆試験はこちら